談話資料

徳之島 本部町瀬底 首里 宮古島(本島) 多良間島 八重山石垣島
本部長瀬底の談話資料
ノロの話

瀬底島の歴代のノロについて、その逸話を含めつつ述べられ、さらに門中について触れられている。者は上間幸次郎氏、当時87歳。収録は1969年8月のものです。8分33秒。

瀬底の概況

上間真好氏(大正8年生、当時49歳)が瀬底の概況について説明する。1969年8月22日の収録です。8分29秒。

年中行事

瀬底島の年中の行事に関する話。上間真好氏(大正8年)。1969年8月22日の収録です。11分09秒。

下男奉公

下男奉公に関する話。上間真好氏(大正8年)。1969年8月22日の収録です。5分18秒。

下男奉公についての笑い話

「下男奉公についての笑い話」は1969年8月22日録音されたもので、話者は同じく本部町字瀬底の男性です。4分14秒。

首里の談話資料
桃太郎の話(1)

首里汀良町の真栄平房敬(まえひら ぼうけい)氏による「桃太郎」の首里語訳。3分26秒。

桃太郎の話(2)

首里汀良町の渡名喜恥(となき さとし)氏による「桃太郎」の首里語訳。1分44秒。

五月の行事について

真栄平房敬氏による五月の行事についての回想の語りです。4分23秒。

石垣島の談話資料
川平村について(川平)

南風野英三(はえの えいぞう)氏、南風野英副(はえの えいふく)氏の2人による会話で、1970年8月8日に川平の南風野英三氏宅にて録音されたものです。南風野英三氏は当時74歳、南風野英副氏は当時65歳で、昔の行事や農作業などについての会話が収録されています。

八重山の芸能(登野城)

石垣市登野城出身の上原マサノリ氏(昭和9年生)による方言サロンでの談話で、八重山芸能の良さについて語られたものです。

台風の話(登野城)

台風についての話。平田永明氏(大正5年生)と富永実彦氏(大正14)。1972年8月30日の収録。

日照りの話(登野城)

石垣市大川出身の長田マツ氏 (明治25年生)による昔の日照りのときの経験談です。

雨乞いの歌(登野城)

石垣の雨乞いの歌。長田マツ氏(明治25年生)と前盛タマ氏(年生未詳)。

子守うた一(登野城)

石垣の子守歌。長田マツ氏(明治25年生)と前盛タマ氏(年生未詳)。

子守うた二(登野城)

石垣の子守歌。長田マツ氏(明治25年生)と前盛タマ氏(年生未詳)。

徳之島の談話資料
祖母について(前半)

上岡ミヤズル氏(当時97歳)の談話で、1971年に録音されたものです。親兄弟のこと、昔の学校教育のこと、衣・食・住のことなどが語られる。

祖母について(後半)

上岡ミヤズル氏(当時97歳)の談話で、1971年に録音されたものです。親兄弟のこと、昔の学校教育のこと、衣・食・住のことなどが語られる。

叔母の話

上岡カナ氏(当時63才)、上岡ミヤズル氏(当時97歳)による空襲のときの思い出話です。録音は1971年。

宮古島(宮古本島)の談話資料
北斗七星の話(平良)

「北斗七星」の民話。語り手は、狩俣花子氏(明治39生まれ、平良下里)。1980年8月6日の収録。

桃太郎の話(砂川)

桃太郎の話。語り手は、濱川慶子氏(昭和21年生まれ、城辺砂川)。2018年6月13日の収録。

桃太郎の話(下地皆愛)

桃太郎の話。語り手は、長間三夫氏(昭和30年生まれ、下地皆愛)。2014年12月13日の収録。

多良間島の談話資料
桃太郎の話(仲筋)

桃太郎の話。語り手は、渡久山春英氏(昭和11年生まれ、仲筋)。2015年1月16日の収録。