談話資料

徳之島 与論島 本部町瀬底 首里 宮古島(本島) 多良間島 八重山石垣島
与論島の談話資料

 ここにあげた4本のビデオは、与論島のことばと文化を多くの方々に知っていただくために、人間文化研究機構の「博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業」の中の国立国語研究所ユニット「消滅危機言語・方言の展示を通した最先端研究の可視化・高度化」が2018年に作成したものです。  

 与論島は奄美諸島の最南端に位置する珊瑚礁の島です。沖縄本島の北端から、わずか約22kmしか離れていないため、ユンヌフトゥバ(ヨロンのことば)は沖縄本島北部のことばとよく似た特徴を持っています。ユネスコの『世界危機言語地図』(Atlas of the World’s Languages in Danger)では、「国頭語」の中に入っています。


芭蕉布のできるまで

与論の伝統紹介。芭蕉布の伝統的な作り方を島の言葉で解説するドキュメンタリー。共通語字幕付き。


ミネラルたっぷりの塩作り

与論の伝統紹介。海水を使った与論の伝統的な塩作りを島の言葉で解説するドキュメンタリー。共通語字幕付き。


ねずみの嫁入り

与論ことば昔話。島の言葉で語る「ねずみの嫁入り」エプロンシアター。共通語字幕付き。


三匹のこぶた

与論ことば昔話。島の言葉で語る「三匹のこぶた」エプロンシアター。共通語字幕付き。