危機言語DB(データベース)とは?

logo このページは、日本の消滅危機言語・方言の音声データを紹介するページです。 国立国語研究所では、共同研究プロジェクト「消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究」(2010年度~2015年度)、「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」(2016~2021年度)を実施しています。 ここでは様々な地域(地域一覧)のデータを公開しています。

このプロジェクトについて

いま、世界中のマイナー言語(規模の小さな言語)が消滅の危機に瀕しています。 現在、6,000から7,000ある世界の言語のうち、半数がこの100年のうちに確実に消滅し、最悪の場合、10分の1、20分の1にまで減ると言われています。 その背景には、人口の都市集中化により周辺地域の人口が減少してしまったこと、社会的・経済的理由によりマイナー言語を使っていた人々がその言語の使用をやめてしまったこと、 災害や紛争により人々が生まれた土地を離れなければならなくなったことなどの状況があります。

マイナー言語の消滅に関しては、次のような意見もあります。 言語の消滅は社会変化の結果であってしかたがない。あるいはもっと積極的に、言語は統一された方が便利だ。 危機言語を守る必要はない。

しかし、そもそも、なぜ、言語が多様になったのか考えてみて下さい。おそらく、各地の言語は地域の自然や人々の生活、ものの考え方などに基づいて、 長い時間をかけて形成されていったのだと思われます。 それらが消滅するということは、長い歴史の中で醸成された人類の智恵が失われてしまうことを意味します。 生物の多様性が地球を豊かにしているのと同じように、言語の多様性は人類を豊かにしているのです。

このような状況に警鐘を鳴らしたのが、2009年のユネスコの「消滅危機言語」の発表です。 2,500の消滅危機言語のリストの中には、日本で話されている8つの言語―アイヌ語、八丈語、奄美語、国頭語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語―が含まれています。 しかし、消滅が危惧されるのはこれだけではありません。 日本各地の伝統的な方言もまた、消滅の危機にあります。 これらを記録し、その価値を訴え、継承活動を支援することがこのプロジェクトの目的です。

プロジェクトリーダー

木部暢子(国立国語研究所 言語変異研究領域 教授)

本データベースに納められているデータ

1. 基礎語彙

2. 談話資料

データベース更新履歴

2019.05.23
基礎語彙 徳之島金見の基礎語彙データを追加。
2019.03.27
基礎語彙 伊平屋島田名の基礎語彙データを追加。
2018.11.28
基礎語彙 宮古池間西原の基礎語彙データを追加。
2018.11.28
基礎語彙 鹿児島県与論島麦屋の基礎語彙データ(動詞)を追加。
2018.07.15
自然談話 沖縄県宮古島砂川「桃太郎」を追加。
2018.07.15
自然談話 沖縄県宮古下地皆愛「桃太郎」を追加。
2018.07.15
自然談話 沖縄県多良間島仲筋「桃太郎」を追加。
2018.07.09
自然談話 沖縄県宮古島平良「七星の話」を追加。
2018.06.01
基礎語彙 沖縄県宮古島砂川の基礎語彙データを追加。
2018.04.01
危機言語ホームページをリニューアル。
2018.03.29
自然談話 鹿児島県徳之島「祖母の話」「おばの話」を追加。
2018.03.25
基礎語彙 鹿児島県沖永良部島(国頭・上平川)の基礎語彙データを追加。
2018.03.25
自然談話 沖縄県八重山石垣島川平「川平について」を追加。
2018.03.25
自然談話 沖縄県八重山石垣島登野城「八重山の芸能」「台風の話」「日照りの話」「雨乞いの歌」「子守歌(1)」「子守歌(2)」を追加。
2017.03.20
基礎語彙 沖縄県与那国島祖納の基礎語彙データを追加。
2017.03.20
談話資料 沖縄県首里「桃太郎の話(1)」「桃太郎の話(2)」「五月の行事について」を追加。
2016.03.30
基礎語彙 鹿児島県与論島麦屋の基礎語彙データを追加。
2016.03.30
基礎語彙 東京都八丈島(三根・末吉)の基礎語彙データを追加。
2015.03.15
談話資料 沖縄県本部町瀬底「ノロの話」「瀬底の概況」「下男奉公についての笑い話」「下男奉公」「年中の行事」を公開。
2015.03.15
基礎語彙 鹿児島県喜界島(小野津・阿伝・湾・荒木・上嘉鉄)の基礎語彙データを公開。
2015.03.15
危機言語ホームページを開設。

問い合わせ先

kcelik [at] ninjal.ac.jp ([at]を@に変えてください)
〒190-8561 東京都立川市緑町10-2
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所
言語変異研究領域

付記

本データベースの作成にあたっては,JSPS科研費238009,258010,268005,16HP8006,17HP8003 の助成を受けています。