※新型コロナウィルスの関係で3月8日予定の研究会は中止になりました。
2019年度 第2回研究発表会 「格・情報構造 (本土諸方言) 」

開催日時 2020年3月8日 (日) 9:30~16:00
Poster
開催場所 立川商工会議所 11階 第5会議室(東京都立川市曙町2-38-5 立川ビジネスセンタービル)
趣旨 本プロジェクトでは, 日本の消滅危機言語・方言の文法記述のために毎年テーマを設けて研究発表会を開催している。 今年度のテーマは「格・情報構造」である。今年度第2回研究発表会では本土諸方言における格と情報構造の各発表者による記述調査研究を議論する。
問い合わせ先 h-oshima [at] ninjal.ac.jp ([at]を@に変えてください)
参加費無料・事前申込不要(どなたでも参加可能)

 プログラム 

9:30~10:00 受付
10:00~10:40 (質疑応答を含む) 「八丈語の格・情報構造:形容詞構文における与格交替」 三樹 陽介(目白大学)
 八丈語の格と情報構造について概観し,特に,形容詞二項述語文における与格交替(形容詞に先行するガ格(主格)がニ格(与格)と交替し, 形容詞項にニ格を伴う)の成立条件や階層性について報告する。
  下地理則ほか(2018)では,宮崎県椎葉村尾前方言を例に, 与格交替が他動形容詞文に現れ,意味役割・形容詞述語・心的影響に階層があることが指摘されている。 八丈語末吉方言では他動形容詞文の心情形容詞と感情形容詞のうち, ネガティヴな意味を持つ形容詞文においてのみ与格交替が成立し,暫定二重主語文や,ポジティヴな意味を持つ他動形容詞では成立しない。以上は下地理則ほか(2018)で示された階層に違反しない。
  末吉方言の場合,必ず第二項から第一項への刺激があることが成立の条件であり, その刺激を発話者が認識していることが与格交替成立に大きく影響を与えている。 そのため,暫定二重主語文では与格交替が成立せず,また, 他動形容詞であってもポジティヴなものは刺激の認識が弱いため成立しにくいものと考える。以上を臨地調査で得たデータを基に考察する。
10:40~11:20 「千葉県南房総市三芳方言の格」 佐々木 冠(立命館大学)
 千葉県南房総市の方言の格形態法は文法関係の意味役割のコード化と名詞句階層の反映の2点で特徴的である。この方言では標準語ではともに「に」で表される複他動詞文の受け手と心理述語文の経験者が形式上区別される。受け手をマークする与格格助詞(=geaa)は,ホストの名詞が名詞句階層上の有生の極から離れると位格(=ni)や方位格(=sa)に置き換えられる傾向がある。名詞句階層は格形態素の独立性を左右する要因でもある。所有格およびそれと語源的に関連する格形態素は代名詞と組み合わされる際,独立性のない拘束形式に後接する接尾辞となり,名詞と組み合わされる際には独立性の高い助詞となる。本発表では調査で得たデータをもとにこれらの現象について解説する。
11:20~11:30 休憩
11:30~12:10 「山梨県奈良田方言の格・情報構造:属格ノ・ガの用法を中心に」 小西いずみ(広島大学),三樹陽介(目白大学),吉田雅子(実践女子大学)
 奈良田方言の格と情報構造について概観し,特に属格について詳しく報告する。奈良田方言には属格としてノとガがあるが,ガはN1(修飾名詞)が人称代名詞と親族名詞の場合に限られる。しかも,2人称代名詞のうちワレは可だがオイシは不可,親族名詞のうち兄・姉は可だが父・母は不可など,同じ階層内でも差がある。また,N1とN2(被修飾名詞句)の意味関係も,N1が1人称代名詞オレの場合はほぼ制限がないが,兄・姉では所有関係以外では許容されにくい。発表では,他方言とも対照しながらこうしたガの分布について考察する。
12:10~13:20 昼休み
13:20~14:00 「関西方言における分裂自動詞性と能格性」 中川 奈津子(国立国語研究所)
 本発表では,京都方言と滋賀北部方言を調査した結果を報告する。調査では雑音入りの音声を協力者に聞いてもらい,何と聞こえたかを方言で繰り返してもらった。その結果,分裂自動詞性と能格性の格標示が確認された。
 またこの実験の問題点も報告する。
14:00~14:40 「福井県嶺北方言における目的語標示」 松倉 昂平(日本学術振興会特別研究員/金沢大学)
 福井県嶺北地方(福井県北東部)において他動詞の目的語は=Ø(無助詞)または=オで表される。本発表では,両形式の使い分けにどのような要因が関与するかを明らかにすべく,名詞句の人称,焦点の有無,述語からの距離などの観点からデータの分析を行う。
 分析対象とするデータは,発表者が福井県坂井市と今立郡池田町で収集した談話音声等のデータと,文化庁による各地方言収集緊急調査の録音資料(1983年に現あわら市で収録)である。
14:40~14:50 休憩
14:50~15:30 「出雲方言の格と情報構造」 平子 達也(南山大学)
 島根県出雲地域で話される出雲方言の格について,臨地調査の結果に基づいて,これまでに明らかになったことを述べる。特に,格助詞=ga/=no及び=oを中心に扱う。まず=gaと=noについて,それらが主語を標示する場合と連体修飾関係を表す場合とに分け,両者の分布が,格助詞が後接する名詞句の有生性階層上の位置とその名詞句によって表されるものに対する話者の敬意の有無によって説明できることを述べる。=oについては,それが他動詞目的語を標示するのに現れる場合があることを示した上で,目的語が格助詞を伴わない場合との差異について,主語名詞句と目的語名詞句の関係や,情報構造の観点から整理した結果を述べる。一部,イントネーション(句音調)との関係についても触れる。
15:30~15:50 ディスカッション
15:50~16:00 事務連絡

手話言語に関する講演会

開催日時 2019年8月3日 (土) 10:00~12:00
Poster
開催場所 国立国語研究所 2F 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)
開催趣旨 今年の夏に、認知言語学的な手話研究の第一人者であるシャーマン・ウィルコックス教授が再来日されます。手話言語に特徴的な空間を使用した参照の仕組み(指さし,動詞の一致など)について講演していただきます。
使用言語 英語(日本手話通訳あり)
問い合わせ先 yufuko.takashima [at] gmail.com ([at]を@に変えてください)
参加費無料・事前申込不要(どなたでも参加可能)

 プログラム 

10:00~12:00 「手話の談話における指示と空間使用」 シャーマン・ウィルコックス教授(ニューメキシコ大学)
Pointing and Placing in Signed Language Discourse Prof. Sherman Wilcox (University of New Mexico)
本講義では,手話言語にどのように言語理論を適用するかについて概観する。主に,手話の文法構造における意味的な空間使用を扱う。指さしは,単純な形態素,あるいは非言語要素(ジェスチャー)として分析されることが多かった。これに対し,本講義では指さしを記号論的に複雑な「構文」と見なすことを提案し,複数の手話言語で例示する。また,手話に特徴的な空間使用であるplacing構文(※空間を利用した一致現象)について提示し,その2種の構文について説明する。これらをまとめ,談話の中で指さしとplacing構文がどのように現れるのか,とくに,空間上の位置を利用して指示対象を同定することや,空間内での動詞の一致という手話特有の現象について,理論をどのように適用できるか,検討する。
In this lecture I will present an overview of the application of linguistic theory to the study of signed languages. The general topic is the semantic use of space in grammatical constructions. Often, pointing is analyzed in signed languages as simple morphemes or even as non-linguistic gesture. An approach to pointing as a symbolically complex construction will be presented and exemplified with data from signed languages. Another grammatical construction unique to signed languages, placing, will be described and discussed, and two types of placing constructions will be demonstrated. Finally, the application of pointing and placing to discourse will be examined with special attention to tracking referents and the use of these grammatical constructions in the unique, spatial form of verb agreement in signed languages.

2019年度 第1回研究発表会 「格・情報構造 (琉球諸語) 」

開催日時 2019年6月16日 (日) 9:30~16:00
Poster
開催場所 国立国語研究所 2F 講堂 (東京都立川市緑町10-2)
趣旨 本プロジェクトでは,日本の消滅危機言語・方言の文法記述のために毎年テーマを設けて研究発表会を開催している。 今年度のテーマは「格・情報構造」である。今年度第1回研究発表会では琉球諸語における格と情報構造の各発表者による記述調査研究を議論する。
問い合わせ先 h-oshima [at] ninjal.ac.jp ([at]を@に変えてください)
参加費無料・事前申込不要(どなたでも参加可能)

 プログラム 

9:30~10:00 受付
10:00~10:40 「南琉球八重山語西表島船浮方言における焦点標識の使用」 発表資料 占部 由子 (九州大学大学院 博士課程)
本発表では,船浮方言の焦点標識の使用について,観察事実と分析を述べる。船浮方言は,焦点標識の出現に特に制限のない方言とされ,実際に面接調査で得られるデータでは頻繁に焦点標識が観察される。しかし,自然談話では焦点標識の出現頻度は低い。本発表では自然談話において,述部に焦点があたることがデフォルトであるという予測があり,この予測に従う場合には焦点標示が不要であると分析する。
10:40~11:20 「琉球八重山諸方言の主格標示と特定性」 発表資料 中川 奈津子 (国立国語研究所)
本発表では,聞き取り調査とコーパスのデータをもとに,八重山諸方言 (白保,真栄里,竹富) の自動詞主語の格標示の振る舞いを調べた結果を報告する。八重山諸方言では =ga と =nu の区別が失われたが,それでも九州の方言や他の琉球諸語のように特定性 (いわゆる有生性階層) にしたがって =nu と無標識の区別が行われていることを示す。また,八重山諸方言では =ga が失われて無標識になったために類型論的に珍しい格標示体系となっていることも議論する。
11:20~11:30 休憩
11:30~12:10 「沖縄県うるま市津堅方言の格」 発表資料 補足資料 又吉 里美 (岡山大学)
本発表では,沖縄県うるま市に位置する津堅島の方言の格について,調査結果の報告を以下の内容を中心におこなう。津堅方言の主格標示には ga と nu の二つが認められ,その出現のあり方について述べる。続いて,津堅方言の格タイプは,基本的には,他動詞主語と自動詞主語が同じ格 (=主格) で示され,他動詞目的語は無標となる「主格対格型 (有標主格) 」であることを確認する。特に,「主格対格型 (有標主格) 」として位置づけられることを,調査票による調査データ,談話資料のデータをもとに格標示のあり方とともに示す。また,有生性や語順などと格標示との関連についての分析考察を述べる。
12:10~13:20 昼休み
13:20~14:00 「北琉球沖縄語伊平屋方言の情報構造」 発表資料 サルバトーレ・カルリノ (国立国語研究所 / 一橋大学大学院 博士課程)
本発表ではエリシテーションによって得られたデータと談話データに基づき,北琉球沖縄語伊平屋方言の情報構造について報告する。
14:00~14:40 「与論方言の格=とりたてについて」 発表資料 補足資料 當山 奈那 (琉球大学)
本報告では,国頭語に属する与論方言の格=とりたて形式を含む文について,情報構造も含めた観点から分析・記述を行う。
14:40~14:50 休憩
14:50~15:30 「北琉球奄美大島方言の格標識について ―龍郷町浦方言を中心に―」 発表資料 重野 裕美 (広島経済大学)
本発表では龍郷町浦方言を中心に奄美大島方言の格標識を概観する。特に,主格 (ga/nu/Ø),対格 (ba/Ø) の分布について名詞の種類,述語の種類,情報構造の観点から検討する。
15:30~15:50 ディスカッション
15:50~16:00 事務連絡

2018年度 第2回研究発表会 「動詞・形容詞 (本土諸方言) 」

開催日時 2018年3月10日 (日) 10:00~16:00
Poster
開催場所 国立国語研究所 2F 講堂 (東京都立川市緑町10-2)
趣旨 本プロジェクトでは,日本の消滅危機言語・方言の文法記述のために毎年テーマを設けて研究発表会を開催している。今年度のテーマは「動詞・形容詞」である。今年度第2回研究発表会では,本土諸方言における動詞・形容詞の各発表者による記述調査研究を議論するとともに,日本手話の動詞・形容詞についても議論することで,従来の動詞・形容詞研究を超えた研究成果を獲得する。
問い合わせ先 h-oshima [at] ninjal.ac.jp ([at]を@に変えてください)
参加費無料・事前申込不要(どなたでも参加可能)

 プログラム